大谷アカデミー実施概要

3月
実技:どこまでを機械で、どこからを手作業で彫ると効率が上がるかを実習しました。
後藤さんはコアの径の違うものを織り交ぜながら、引き続き工芸品を製作しています。