大谷石について/大谷石内外装材協同組合~大谷石は栃木県宇都宮市大谷町で採掘される軽石凝灰石の一種です。

耐火性に優れている

耐火性に優れている

火に強く、煮炊きをするかまどをはじめ様々な形で使用されてきました。

柔らかく加工しやすい

柔らかく加工しやすい

古くから石倉や石塀に使われ、内装材・オブジェ等にも広く用いられています。

天然ゼオライト

天然ゼオライト

大谷石の空間は、夏は涼しく、冬は暖かく温度を一定に保ってくれます。

あたたかな風合い

あたたかな風合い

控えめな地色と素朴であたたかみを感じさせる、独特の風合いがあります。


旧帝国ホテル 大谷石は、栃木県宇都宮市北西部の大谷町で採掘される、軽石凝灰岩の一種です。控えめな地色は素朴で温かみを感じさせる、独特の風合いを持った石です。

耐火性に優れ火に強いことから、煮炊きをするかまどをはじめ建物の土台石、敷石、土留め、蔵、倉庫などの積み石に使用される一方、火災から守るため、屋根石(石 瓦)や、板蔵の貼り石として、外装、内装の建築用材ほか、様々な形で使用されてきました。また、柔らかく加工しやすいため、古くから石倉や石塀に使われ、最近では、内装材・オブジェ等にも広く用いられています。

一躍大谷石を全国に広める大きな役割を果たしたのは、なんと いっても大正時代に建造された、旧帝国ホテルです。
このホテルは後の関東大震災にも焼け残り、その優美さは設計者 フランク・ロイド・ライト氏の傑作とい われました。使用された大谷石とスクラッチ練瓦とテラコッタと大谷石の彫刻の絶妙な組み合わせは,大谷石の特徴である素朴で 柔らかく温かみのある質感が遺 憾なく発揮され、ブームとなりました。特に昭和初期 教会堂建築などに数多く用いられ宇都宮市内にある国登録有形文化財、設計者 マックス・ヒンデル氏のカトリック松が峰教会や設計者 上林敬吉氏の日本聖公会宇都宮聖ヨハネ教会、等は大谷石建造物の代表作であります。


大谷石のチカラ・効果

マイナスイオン・遠赤外線・調湿・防臭・吸音・音響
大谷石の持つゼオライトは、スポンジ状の小さな穴を持つ鉱石。
多数のマイナスイオンと強い遠赤外線を放出、癒しや熟成の効果を発揮します。


また、その多孔質構造によりガスや水を吸着する特性もあり、シックハウス症候群の防止や消臭にも有効です。
カルシウム、マグネシウム、鉄ナトリウム、カリウムなど、種々のミネラルを含み、 利用価値の高いゼオライト。様々な効果があります。

大谷石空間においてα波を観察したデータによると、心身共にリラックス状態にある時にあらわれるアルファが充分に観測され、癒し効果が実証されました。 (低温のためにあらわれたと見られる筋電図は対象外とした)

また、ゼオライトが放出する電磁波の一種である遠赤外線の効果として、大谷石の地下空間で熟成された生ハムは、人為的に作られた施設での熟成に比べ、 肉の旨味成分である遊離グルタミン酸が多く検出されたという実験結果が出ています。
遠赤外線による食品の中の水分子が共鳴振動を起こし、 クラスター破壊され活性化。腐敗の進行やカビの発生を抑制し、 鮮度を保ちながら熟成を進ませることができ、数時間で「塩なれ」を仕上げるとともに、 日持ちも良くなります。

宇都宮大学工学部建築学科 藤原浩巳助教授/大谷石効果の産業活用調査発表より

旧帝国ホテル

ゼオライト成分

ゼオライト成分

ゼオライトは、スポンジ状の小さな穴を持つ鉱石。ミネラルを含み多孔質構造によりガスや水を吸着。シックハウス症候群の防止や消臭にも有効です。

大量のマイナスイオン

大量のマイナスイオン

細胞の活性化や免疫強化、 自律神経の調整、精神安定、空気の清浄化などさまざまな有効作用により、リラックスできる良質な空間を演出します。

遠赤外線

遠赤外線

遠赤外線により食品の中の水分子が共鳴振動・クラスター破壊され活性化。腐敗やカビを抑制し、 鮮度を保ちながら熟成を進ませることができます。

吸音による音響効果

吸音による音響効果

大谷石は、コンクリートやガラスに比べ高い吸音率を有しています。 空間形状・設計により音楽に合った優れた音響空間を演出することが可能です。



大谷石の構成鉱物

大谷石の構成鉱物と定量費(単位%)
(大谷石材協同組合資料による)

鉱物 鉱物量比 鉱物群量比
結晶片群 石英 7.3 12.7
長石類 4.9
黒雲母 0.2
普通 輝石 0.2
不透明鉱物 0.1
マトリックス
(軽石部分)
ガラス 25.9 84.6(モンモリロナイト)
(粘土鉱物)
微細 粘土 33.4
ゼオライト 25.3
塊状 粘土 2.7  
有効空隙率 37.0  

化学成分
(東大地震学研究室 近藤先生)

成分 割合
珪酸 66.96%
第二酸化鉄 1.85%
酸化アルミニュウム 12.55%
酸化マンガン 0.06%
石灰 1.92%
酸化マグネシュウム 0.47%
カリ 2.35%
ソーダ 2.87%
加熱減量(水分) 11.02%

※大谷石の比重は、石質によるが約1.7です。



大谷石残業株式会社 大谷石体験館 @おおや 歴史的建造物の保存・改修